Column コラム

バンドで上手くなりたいなら「リズム練習」だけは欠かさないで

バンドをやっている皆さん、普段はどんな練習をしていますか?

 

趣味として楽しんでいたり、「実力をつけて有名になって、音楽で生計を立てられるようになりたい!」と思って本格的に活動していたりと、人によってバンドへの向き合い方はそれぞれだと思います。

バンドに対するスタンスによって、練習方法や練習時間も変わってきますよね。

 

ですが、プロ志向の方からあくまで趣味でバンドをやっている方まで、演奏力の上達のために「これだけは欠かさないで!」と強くおすすめしたい練習があります。

それが「リズム練習」です。

 

今回は、バンドの上達に必要不可欠なリズム練習について解説します!

「リズム練習」とは?どうして大切?

リズム練習とは、その名の通り、楽器演奏の「リズム」に対する感覚を安定させたり、コントロールできるようになることを目的とした練習です。

正確なリズムを体得するための練習なので、メトロノームが必須アイテムになります。

ギターやベース、ドラムといった楽器に関わらず、またボーカルも含めて、バンドをやる全ての人にやってほしい練習です。

 

では、何故リズム練習は大切なのでしょうか?

 

その理由は、演奏のリズムがそろっているかいないかは、バンドの「上手」と「下手」を分けるほどの重要な要素だからです。

例えば、演奏で多少ミスがあっても全体のリズムがそろっていれば「いい感じ」に聴こえるし、逆にリズムがずれていると、どんなに各自のテクニックがあってもバンド全体で聴くと「下手だな」と思われてしまいます。

 

筆者は現役のバンドマンですが、以前とあるライブハウスのベテランPAさんから「使ってるテクニックはアマチュアもプロもそんなに変りない。ライブの実力を分けるのは『全体のリズムがぴったり一致しているかどうか』」だと言われたことがあります。

 

たくさんのバンドを見てきた現場の一流のエンジニアの方がそういうほど、「リズム」という要素はバンドの演奏に不可欠なものなんです。

リズム練習の方法

それでは、具体的に「リズム練習」とはどんなことをすればいいのでしょうか?

各楽器の代表的な練習方法を紹介します。

ギター・ベース:クロマチック練習

ギターやベースなどの弦楽器で一番基本的なリズム練習が「クロマチックスケール練習」や「クロマチックトレーニング」と呼ばれる練習方法です。

これは、メトロノームを4分のリズムで鳴らし、それに合わせて高い弦の方から低い弦に向けて「1,2,3,4…1,2,3,4,…」と1フレットずつ弾いてく練習です。

1つのフレットを1本の指で弾くようにして、指の動きをスムーズにする運指練習としての意味ももっています。

 

クロマチック練習については解説動画がたくさん公開されているので、それで実際に見てみた方が早いでしょう。

サムネイル

どうですか?イメージがつかめたのではないでしょうか。

 

この動画の中でも紹介されているように、基本的なクロマチック練習以外にも、指の動きやピッキングなどの違う応用的なパターンもたくさんあります。

自分で「1日10分~15分」くらいの練習メニューを組んでやってみると、目に見えてリズム感と運指が上達しますよ!

ドラム:チェンジアップ

ドラマーには、一定のテンポでメトロノームを鳴らしながら叩く拍を変えていく「チェンジアップ」と呼ばれる練習方法がおすすめです。

サムネイル

この練習だったら、家で練習パッドを使ったり、自分の膝を手で叩いてでもできます。基本的なリズム感覚をばっちり鍛えることができるので、1日数分やるだけでも見た目以上の成果が期待できます。

 

ギターやベースのクロマチック練習と、ドラムのチェンジアップ。

どちらの練習も地味であまり楽しそうには見えないと思いますが、これらを毎日10分やるだけで、正確できっちりしたリズム感覚が出来上がってきます。

バンドメンバー全員がリズム感をそろえて演奏に臨むことで、見違えるように演奏が安定して、一気に本格的なアンサンブルが生まれますよ!

教則本をつかった練習もおすすめ!

画像出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4845616777

リズム練習のために、教則本を1冊買ってしまうのもおすすめです。

 

基礎練習用の本には、先に紹介した基本練習以外にも、様々なパターンで楽器の演奏力を基礎から鍛える方法が載っています。

しっかりとメトロノームを使いながらその内容をなぞっていけば、リズム練習になると同時に、リズム以外の演奏力もぐんぐん上達できます。

 

練習パターンも豊富に載っているので、「毎日同じ基礎練習で飽きてしまった…」というのを防ぐこともできます。

何より「お金を出して本まで買ったんだから、ちゃんと練習しなきゃ!」という気持ちになれるのも大きいですね!


一見地味で退屈なリズム練習は、演奏者やバンドの「上手い/下手」の評価を左右するほど重要な練習です。

意外とちゃんとやっている人が少ないことでもあるので、これを毎日10分でもやるだけで、同世代の上位に入る演奏力を身につけられる可能性も大です。

 

ある意味では「コスパ最強」の練習とも言えるリズム基礎練習は、ぜひ毎日欠かさずやってみてください。

まずは2週間続けてみれば、きっとスタジオ練習で効果を実感できますよ。

LIVE & EVENT Searchライブ・イベントを探す

フリーワード検索
(ミュージシャン名・ライブ名など)
日付を選択
エリアを選択
ジャンルを選択

Musician Searchライブミュージシャンを探す

フリーワード検索
(ミュージシャン名・ライブ名など)
エリアを選択
ジャンルを選択

Page Up Page Up