Column コラム

波打つサウンドの中で静かに感情を燃やすバンド「ユアネス」

福岡県で結成された4人組ギターロックバンド「ユアネス」。

ここ最近の邦楽バンドシーンに注目している方なら、名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

結成以来、九州を中心に活動して着実に知名度を高めてきたユアネスは、ロッキング・オン主催のオーディションイベント「RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」で優勝したことで爆発的に注目されるようになりました。

 

さらにその直後、サカナクションやKANA-BOONなども所属する音楽事務所HIP LAND MUSICから全国流通ミニアルバム「Ctrl+Z」をリリース。

期待の新人バンドとして、九州だけでなく全国的に知られはじめています。

 

そんなユアネスの音楽に、これまでの彼らの楽曲を通して触れていきましょう!

Bathroom

サムネイル

まず聴いていただきたいのはこちら。「Ctrl+Z」のリード曲となっている「Bathroom」のMVです。

 

イントロからゆったりとしたリズムと、テクニカルだけど派手さではなく落ち着きを感じさせるギターフレーズが印象的ですね。

Vo.Gt.黒川のボーカルも歌詞の一言一言を噛みしめるように歌い上げていて、叙情的な雰囲気を作り出しています。

少しずつストーリーを作り上げながらサビで一気に感情を揺さぶってきて、綺麗なバラードナンバーの中にもギターロックらしい情熱を感じられます。

 

曲調は「Bathroom(バスルーム)」というタイトルにも合った浮遊感のあるものですが、大切だった人との記憶を思い出しながら一人で呼びかけるような歌詞には、切なくも激しい心の揺れ動きを感じられます。

 

王道の邦楽オルタナティブロックの中に独特のメロディセンスや世界観を織り込んだ、ユアネスの確固たる個性が感じられる一曲です。

あの子が横に座る

サムネイル

同じく「Ctrl+Z」のリード曲となっている「あの子が横に座る」の方も聴いてみましょう。

 

ラブストーリーを連想させる曲名やMVのサムネイルとは裏腹に、こちらはハイテンポでよりロック色の強いキラーチューンとなっています。

手数の多いドラム、エフェクターを多用した多彩なサウンドで攻めるベース、ポストロックの要素も含んだテクニカルなギターと、全体的に凝ったサウンド展開で、ギターロックとして聴きごたえたっぷりです。

そんな中で黒川のボーカルは、激しさの中にもセンチメンタルな表情を見せて、ユアネスの世界観の中心としてしっかりと存在感やストーリー性を発揮しています。

 

歌詞では青春感あふれる情景描写が並んでいますが、それが爽やかで甘い曲調ではなく、こうした鋭いサウンドの中で描かれることで、思春期だからこその葛藤や焦燥感が表れていて惹きこまれます。

 

「Bathroom」とは対極をなす形で、「Ctrl+Z」のロックアルバムとしての一面を表す一曲です。

色の見えない少女

サムネイル

次に紹介するのは、アニメーションMVが描く切ないストーリーが印象的な一曲「色の見えない少女」です。

Twitterに4枚の漫画として投稿されたショートストーリーから生まれたというこの曲は、タイトル通り、生まれつき色が見えずモノクロの世界で生きてきた少女が、ある「強く刺激的な体験」で色が見えるようになるまでの物語を描いています。

 

MVは曲の原作の漫画を手がけたイラストレーター・しらこさんによるイラストでアニメーションが展開されて、映し出される歌詞と合わせて曲のストーリーをより鮮明なものにしています。

 

サウンドやメロディにはユアネスの個性がしっかりと表れていて、「他者の原作を曲にする」という形だからこそ、音楽作品としての彼らの曲の魅力が際立っているのではないでしょうか。

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」ライブ映像

サムネイル

ひとつひとつの曲だけではなく、ライブにも注目してみましょう。

 

ユアネスがRO JACKの優勝者として、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」に出演した際のライブ映像です。

丁度、先に紹介した3曲が演奏されていますね。

 

邦楽ギターロックとしてはかなりテクニカルな曲調の多いユアネスですが、まだ平均年齢が20代前半とかなり若いバンドにもかかわらず、ライブでの演奏はしっかりと安定しています。

そんな確かな演奏力が、繊細で叙情的な曲の世界観にも強い説得力を生み出していますね。

 

オーディションやMV、SNSでの黒川の弾き語り活動など、インターネット上を中心に話題を集めてきたユアネスですが、ライブバンドとしても高い技術を持っていることが分かります。


RO JACKでの優勝からミニアルバム「Ctrl+Z」の全国リリースと、ここ最近で一気に勢いをつけているユアネス。

福岡から全国へと知名度を広げて、九州のバンドシーンでも特に動向が注目されているバンドです。

 

多彩な表現力と叙情的なストーリーを描く歌詞やメロディを武器に彼らがここからどんな高みに上っていくのか、邦楽ロックファンは要注目です!

LIVE & EVENT Searchライブ・イベントを探す

フリーワード検索
(ミュージシャン名・ライブ名など)
日付を選択
エリアを選択
ジャンルを選択

Musician Searchライブミュージシャンを探す

フリーワード検索
(ミュージシャン名・ライブ名など)
エリアを選択
ジャンルを選択

Page Up Page Up